正解なんてない

デリバリーでお客様のご自宅に行く機会が多くなった。
数軒分をまとめて作らないといけないから、
出発前はバタバタするけど、いざ車に乗り込むと
夕方の風はまだ気持ちよくて、
太陽の角度もちょうどよくて、
見たことのない街並みを見るのも、
お客様のお家を見るのも、新鮮でおもしろい。
夕方の時間は家の前で遊ぶ子供たちを見ると穏やかで
お母さんたちを見ると、どこかせわしなく
ありふれた風景と日常がそこにある。
オシャレで可愛い家や、きらきらした車、
はしゃぐ小さな子供たちに、犬の散歩さえも優雅で
宝塚は坂も多く、高台から眺める夕日に染まった街や
澄んだ空気は、幸せを代表するかのようなワンシーン。
飲食業界に身をおいてるものとして、
帰りなんていつも遅くて、子供と接する時間も短くて
そんな世界が綺麗で美しくて羨ましかったり、
比べたり、憧れだったりする時はどうしてもある。
いい嫉妬は成長するための原動力にもなる。
でも、その世界は必ずしも正解ではないし、
なにも豪邸や外車だけが象徴ではないし、
ないものねだりかもしれないし、
幸せの尺度は人によって様々だと思うから、
メディアが促す幸せのロールモデルに流されず、
自分に合った幸せを見つけることが大事だと思う。
周りの目や、大きな流れに逆らうのは
とてもむずかしいけれど、探してみると
気づいてないだけで、以外と身近にあったりするもの。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

だれのためなのか

次の記事

時間の質