アートとメッセージ

アートとは芸術、社会的な価値を創造すること。
芸術とは、幅が広くて文芸から美術から音楽、料理もそうだと思ってます。
どんなアートのプロセスにも、何かしら製作者の想いや伝えたいことが含まれていて、
それをどう感じるかは、受け取る側に委ねられている。
うまく伝われば、世界中に広まるし、コアなファンに深くささることもある。
大事なのは、その作者のメッセージ性の強度や衝動や生きた背景だと思っていて、
うまく数値化はできないけど、感情の振動みたいなのがあると思うのです。
その振動の大きさによって届く距離も変わってくる。
相手に伝わらないのは、想いが足りないとも言える。

メッセージを最大化するためには、
その辺の方程式で導かれるものではなくて、ノウハウで学べるものでもなくて、
やっぱり作者が抱える悲しみや苦悩、挫折など心の深い部分に触れた時に発動されるから、
後は天に任せるしかないし、虎視眈々と鍛錬を積むしかない。
音楽で言えばデビュー曲が長く愛されるように、
はじめの一歩には、色んなエネルギーが詰まりに詰まってる。
そのエネルギーに人は共鳴し魅了されていくのだろう。

よってアートとはメーセージありきなので、
メッセージの感じとれないものはアートと呼べないと言っても過言ではない。
もちろん自分にとっての、という意味合いで。

関連記事

  1. デジタルとアナログの間

  2. 探して見つかったのは前からあったもの

  3. つらいことがあった時には

  4. 演出の役割

  5. 両立の道

  6. おおよそ運で決まる