人柄がすべて

20年ぶりに美容院で髪を切った。

ファッションなどの見た目にはそこまで関心がなく、

最低限ダサくならないように気をつける程度だったので、

今まではバリカンを使って全部自分で切っていた。

なぜか特に深い理由もないまま、そう思い立ったのは、

変化があまりない毎日なので、

何か新しい挑戦がしたかったからかもしれない。

全国のコンビニの約5倍もあるという美容院。

なくてはならないものだけど、

そんなにたくさんあることに驚いてしまう。

おなかがすいたら、ごはんを食べるように

髪は伸び続ける限り、切らないといけない。

人体の生理的な問題に関わる仕事は

確かに不可欠なもので、永遠になくならないマーケット。

すでに飽和状態の中で、飲食店のようにジャンルが

豊富にあるわけではないし、差別化を図るのも難しそう。

地域密着型というのもあり、結局は飲食店と同じで

人の部分が大きいのかなと思ってしまう。

会話も交わすし、お客様の身体にも触れるわけだから

コミニケーションの密度は間違いなく濃い。

お客様とお店との相性や継続的なつながりが、

存在意義に大きく左右するのだろうと思えた。

どんな商いにも、核となる部分は最終的に人柄なんだと、

久しぶりの美容院に行って再確認した。

餅は餅屋、人生最後の美容院になると思っていたのに、

やっぱりプロの仕上がりはぜんぜん違う。

関連記事

  1. 時間の質

  2. 情報の取り方

  3. 食品ロスのジレンマ

  4. シンプルな料理

  5. 世界は驚きに満ちている

  6. 選ばれるためには