少しずつ線を足していくように

ここに、文章を毎日書いて1ヶ月がたった。
まだ慣れない。でも、ちゃんと続いた。
誰に向かって書いてるのかもまだよくわかないし、
どの立場からものを言ってるのかも定まってないし、
文体も型のようなものも、まだ見つかっていない。
ブログと言っていいのか、エッセイと言っていいのか。

書く内容のストックはしていなくて、
その日に考えてることや、感じてることを書くようにしている。
思いつかないことがほとんどで、苦しみながら
いつも書き始めては悩み、書き出しては悩むことが多い。
その分、今日は何を書こうかと考えることで、
情報に敏感になるし、思考を言語化し整理することができる。
これは大きなメリットだし、人生において大切な作業のような気がする。
続けることで自己肯定感も生まれる。
ついでに言うと、タイピングも早くなってくる。
最近は、さすがにコロナ関連のことで考えさせられます。
悲惨なニュースに疲れてくることもあるけど、
しっかりと自分のためにも書き留めておかないと、という思いです。

思考の輪郭に、少しずつ線を足していくように。
それは自分のためにしかならないかもしれないけど、
いつかはもっと人の役に立てるような発信ができたらと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

熱を伝えてこそ

次の記事

しのびよる足音