熱を伝えてこそ

ここぞとばかりの春の日和に、桜が人を集め、
比較的ゆるい規制の中、公園には子供の笑顔が溢れている。
子供たちの気分もそろそろ滅入ってるのが肌感でわかる。
やっぱりみんな早く学校に行きたいのかな。
そんな中、学校が始まるとか、始まらないとか。
緊急事態宣言を出すのか、出さないのか。
子供たちだけでなく、大人たちのメンタルも疲弊しつつあって、
決していい空気感が漂ってるとは言えないですが、
正しい情報のインプットを怠ってはいけません。

いかなる時も、リーダーの決断というのは全員一致になるはずもなく、
反対意見が必ず出てくる。
3月初めの休校要請は反発が大きかったものの、
結果としてピークカットができた、とも言える。
これはだれがリーダーをしても一緒というわけではなくて、
やっぱりリーダーは、その判断の理由をきちんと説明できないといけないし、
どんな質問が来ても、納得させる答えを準備しておかないといけない。
説明不足や対話不足が余計に不信感を引き起こすから、
コミュニケーション能力は必要ですよね。
また、お金や利権の絡んだ判断をするのではなく、
人間味のある絶対的な安心感も必要。
どんなことでもそうだけど、結局は、
心の奥底から沸き起こる嘘偽りない熱量が伝播してこそ、
人を動かすことができると思います。
応援しています。

関連記事

  1. 自分の意見があること

  2. ハイクオリティな社会につき

  3. 説明できない

  4. 言葉にならない感情

  5. 気概のはなし

  6. 環境が教えてくれること