便利だけがすべてではない

便利な世の中。
人間は便利を求めて頭をひねり発明をして、
自然を犠牲にしてでも、快適な世界を手に入れてきた。
今後も限りなく便利な世の中になっていくでしょう。
コンビニエンスストア、直訳すると便利なお店。
何かにつけてアップデートし、便利に拍車をかけてくる。
あえて食に関して言うならば、
お惣菜からスイーツまで、味の探求がされていて
そこに人間味はないものの、マスに届くような
広告やメッセージ、デザインなどの戦略は
一流であることを否めない。
最近のローソンのPB商品のデザインはいけている。
いくら添加物が入っていようが、
便利で安くて美味しければ、どうしても選びたくなる。
時間もお金も節約しようと外回りの人たちは
駐車場の車の中で一人ランチをする。
そんな光景もよく見る。
しっかり栄養のあるものを食べて欲しいと思いつつも
世相を考えると、悲しいけど致し方ないのかもしれない。
飲食業界にとっても、コンビニ業界は見えない敵で
便利がもっと加速して、食事をコンビニで済ます人は
これからもっと増えるでしょう。
便利さの戦いでは、もう勝敗は明らかなので、
例えば、ロウソクが明かりをともす以外の
癒しやぬくもりの役割を持ち合わせているように、
あえて不便さの中に新しい意味や価値を見出し、
人間味を伝えていくことが生き残るためには
必要になってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA