ちょっとした未来のはなし

テクノロジーの進化で可能になったのは、
大まかに言えば需要と供給のマッチングだと思う。
タクシーならUBER、宿泊ならAirbnb、
フリマならメルカリ、恋愛系なんてたくさんある。
求めている人同士が、インターネットを通じてつながる。
スマホのおかげで個人と個人も一瞬でつながる。
世の中がどんどん効率よく生産性が高くなっていく。
無駄なくスマートにコストも安くなっていく。
飲食店とお客様とのマッチングはどうなんだろう。
その人に合ったお店が、瞬時にスマホで検索表示され
料理があっという間に自宅に届く。
そんな世界がいつか来るかもしれないけど、
そうするためには料理をロボットにお任せするしかない。
料理を作る人がいらなくなり、
サービスをする人がいらなくなり、
それがみんなの当たり前になり、物流も空を飛ぶ。
街の写真屋さんや、街の本屋さんはテクノロジーに
職を奪われて、今何をしているんだろう。
19世紀にカメラという発明が、風景を描く必要のない
絵画の価値を大きく変えたように、
飲食もこのコロナの影響で、根本的に変わらないと
いけないのに、未だその一手がなかなか見つからない。
世の中がもっと早く便利で快適になっていくのは
確実なので、いつまでも意地を張ってたら負けてしまう。
柔軟に、柔軟に。
未来を生きるためのヒントが、
マッチング。にあるような気がしてならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

なんのために

次の記事

根っこにあるもの