お店をする上で大事なこと

飲食店は景気にも季節にも天気にも左右されやすい仕事。

常連様もいれば、一年に一回に来る人もいれば、

一回だけで終わる人もいる。

実際に利用する人、SNSなどの情報だけを見てる人。

美味しかったと言ってくれる人、言ってくれない人。

いい噂を流してくれる人、悪く言う人。

常連様も自然と入れ替わっていく。

いろんな環境の中で、いろんな人と関わって、

流動的に不確かな状況下でみんな営業している。

日々同じ気持ちで営業している。

それらを全部ひっくるめて、

根底にあるのは人と人との信頼関係だと思う。

その信頼関係を築くためには時間が必要で、

暇な日も忙しい日も変わらず

愚直に営業を続けた先にあるもの。

続けることができるのもまた

お客様の利用や応援があるからこそ。

いいお店はどこも応援と信頼と継続とがバランスよく

循環していると言って間違いない。

それと場所のエネルギーみたいなものも外せない。

お店にはいろんな人が足を踏み入れるので、

”気”のようなものが混ざって合わさって、

その場所が持ってる歴史や文化も含めて、

目には見えない何かが形成されていく。

いかにいい気を集めれるかも大事なことだと思う。

ポジティブさと愛嬌が必要。

それ以上に何をするかにもよるけど、立地の良し悪しは

集客の面において売上に大きく左右する。

あとはやっぱりメンタル。

後にも先にも精神面の強さがその人の人生のあり方を

決めるんじゃないかというレベルで大事。

何も行動しないでメンタルは鍛えられないので、

失敗や苦労を経験してこそ身につくものだろう。

それに手仕事における料理などの作品は、

作り手の気持ちや感情が映し出される。

信頼関係、場所選び(どの環境で過ごすか)、メンタル。

お店をする上でとか言っておいて、結局は

誰にとっても、どんな仕事にとっても大事なことだった。

関連記事

  1. 想像する料理

  2. 人が見えるデメリット

  3. 時間の使い方

  4. 与える影響を考える

  5. 時間を味わう

  6. 得意と好き