ささやかな支援

白銀の世界。凍てつく空気。

白く染まった岩肌の渓谷を、深い碧の川が流れる。

自然が時間をかけてつくる造形は美しい。

空からゆっくり舞い降りる真綿のような雪。

雪がとても綺麗に映るのはあまり見たことがないからで、

実際は、滑ったり転んだり、電車が止まったり、

経済が機能しなくなって、危険なことの方が多い。

とある温泉街、静まりかえった街に、雪かきをする音や、

タイヤチェーンの道路を擦る音が所々に鳴り響く。

ここで暮らす人たちは、

あきらかに不便な生活の中に暮している。

どうして辺境の土地に住むのだろう。

娯楽施設もない日々の楽しみはいったい何なんだろう。

地方を訪れるといつもそう感じる。

度々起きる自然災害や気候変動は

地方に行くほど圧倒的に不利な気がする。

コロナウイルスで観光客も激減している。

見て見ぬふりをするわけではないけど、

問題に直面しながらも何もできない不甲斐なさを感じる。

せめて、話を聞いて共感するくらいしかできない。

その恩恵を受けれてることにもっと感謝をしないと。

華やかに見える観光地でも、

将来や内情は厳しいであろうと感じざるを得ない。

自然の摂理として、

美しさの内には怖さが孕んでるものなのか。

真っ白な雪のように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

立ち止まって考える

次の記事

名物からの考察