外からの評価

取材を通して他者が見ている世界を知ることで、

自分が見ている世界との違いがわかり、

新しい発見や学びが得られる。

先日すごく腑に落ちた話があったので、

言葉にして残しておくことに。

その方は、無農薬の和綿を使った布団を作っている人の

活動を応援したり宣伝に関わっている方で、

布団の良さをどう伝えればいいかを悩んでいた。

人間は人生の1/3を睡眠に充てているのに、

その質にこだわってる人は少ないように感じる。

最近でこそ良質な睡眠法などの書籍も出るようになって、

意識は高まっているかもかもしれないけど、

時間や体温の管理などの大切さは説かれているが、

布団の材質にはあまり触れられていない。

どんな商品を売るにしても、その良さを知ってもらうには

実際に試してみないとわからなかったりするが、

布団を試すってなかなかハードルが高い。

それに値段もまあまあ高い。6万円だったっけ。

どんなものでも良質なものは値が張るものだ。

ニトリに行けばはるかに安い値段の布団が売っている中で、

6万円の布団を選んでもらうためには、

よほどの訴求力がないととてもむずかしそう。

そこではっとさせられた発言は、

同じ6万円でも洋服や化粧品には抵抗なく使えるのは、

多くの人が外からどう見られるかにお金を使っているよね、

という視点と分析だった。たしかに。

自分の人生の質を高めよういう価値観であれば、

良質な睡眠のために良質な布団で眠ることは、

安いくらいの投資かもしれない。

でもほとんどの人の価値の優先順位は、

外からの評価を気にしたものになっていないだろうか。

長い目で見ると、身体にいいものを食べたり、勉強したり、

いろんな体験をしたり、ストレスのない環境を整えたり、

いい布団で寝たり、自分の人生の内側に投資した方が

将来的にリターンが大きいような気がする。

もちろん人生は損得で計れるものではないし、

考え方や生き方は人それぞれだけど。

関連記事

  1. 便利の裏側

  2. 変わるもの、変わらないもの

  3. つくる責任つかう責任

  4. 考える意味

  5. 朽ちること寂びること

  6. 立ち止まって考える