体温の感じられるもの

便利さは時に人の関係性を希薄にする傾向がある。

そこに潜んでいるのは、何か物事に費やした時間と、

トレードオフの関係であるのは事実だと思う。

伝達手段で言えば、石版に文字を彫っていたことが、

紙の発明で手紙となり、やがて電話からメールに移行した。

音声認識の精度が上がり、もっと時間は短縮されるだろう。

未来ではもはや脳同士で会話をしてるかもしれない。

早さの代償として優しさが失われていく。

人間は想像をすることができる。

相手が自分のために費やしてくれた時間を想像することで、

喜んだり感動したり、心が動くものだと信じてやまない。

それは決して数値化できない価値で、とても人間的な行い。

プレゼントを悩んで選んでくれた時間、

予定を立ててくれた時間、準備をしてくれた時間、

料理を作るためにかけた時間、

その背景を想像することが心の豊かさにも通じる。

これらを表すベストな比喩表現としての、

体温がある、ということ。

この先、便利さが人間を人間たらしめる感情を

奪ってしまうのではないかという懸念がある。

予約をしているにもかかわらず、平気でドタキャンを

してしまうのは、システムに依存しているから。

人と人が直接やりとりをしなくなると、

この勢いは加速していきそうな気がする。

便利に慣れてしまうと、思い通りにいかない時に、

負の感情さえ抱かれてしまいかねない。

便利によって失われるものに、気づけるかどうか。

便利で満たす欲はどこまでいってもキリがない。

大きな視点で見れば、地球の貴重な資源を

奪っていることとも相関している。

想像力をはたらかせること、周りをよく見てみると

意外と体温のあるものはすぐそばにあったりする。

それに気づける感度を持つことはもちろん、

まずは自分から相手に体温を与えることから始めたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

潜る期間

次の記事

これからの選ぶ基準