体験のあと

この前、息子と二人でごはんに行った。

肉が好きなので、暖簾をくぐって入るような

牛タン割烹とやらに連れて行ってみた。

普段はチェーン店で食事をすることが多いというので、

大人の雰囲気を体験するにはいい機会になる。

お店で食べる料理には、料理を通して料理以外のことを

学べる場であると思っていて、それは目に見える世界

だけではなく、料理の奥にある背景をたどれば、

環境や社会や芸術など、様々な視点での学びがある。

まさに牛肉は環境破壊を招く大きな原因になっていること、

空間作りやサービスの気配りからおもてなしの気配、

器や盛り付けから見える引き算の美学、シンプルの本質、

美味しいという単語以外での表現方法、言葉のセンス、

言えることはたくさんあった。

大人たちはこうしたことを体験を通して身につけていく

ものなので、若い子がエッセンスだけ聞いても全部を

吸収することはむずかしいけど、頭に少しでも記憶して

いることが重要で、未来の引き出しを開けるきっかけに

なると、それはこの上ない貴重な体験になるはず。

自分も若い時にもっといろんな体験をしておけば

よかったなと思うので、手遅れにならないよう

若い世代にはできる限り記憶を託しておこう。

正解のない時代なんて言われているので、

子供にいろんな体験をさせておくのは大事だけど、

体験をしてる最中の解説や、終わった後の意見交換や

フィードバックを合わせて行うと、より効果があるのでは

と感じるこちらも学びの多い夜になった。

教育とは、一方的に教えるというより、

相手の気づきに寄り添うということかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

だれもわるくない

次の記事

言葉を扱うむずかしさ