見える応援

クラウドファンディング実施中ということで、

たくさんの応援の声が集まってきている。

いつもお世話になってる人から、インスタで見てるだけで

お店に来たことがない人まで、こうしてインターネットが

あることで繋がれてるご縁に、時代の変化を感じる。

クラウドファンディングそのものも、

インターネットがあるからこそ存在しているもので、

SNSも含めてその恩恵には頭が上がらない。

多くの人が初めてクラウドファンディングを利用して

くださってる現実を見て、やり方がよくわからない中で

応援したいと思い、勇気を出したくれたことが垣間見えて、

よりいっそう感謝の気持ちが膨らみます。

クラウドファンディングの性質上、リターンという

交換できるものがあって、本質的な支援ではないかも

しれないけど、応援というコミニュケーションの場が

生まれていることこそが重要だと思っています。

普段は特定のお店の応援をしたいと思っても、

その場所に行ってサービスを受け、お金を払うことでしか

応援ができない。つまり範囲が限られてるということ。

それはそれで貴重なものなのだけれど、

インターネットは物理的な時間の制約を超えていける。

それにお客様の潜在的なメッセージが表出することで、

応援や信頼が言葉になって可視化される。

それが表に見えることによってお店側も励まされ、

より特定の人に愛情を注ぐことができるようになる。

反対に、お客様から先にお金をいただいてるので、

やりきらないといけないプレッシャーは大きく、

緊張と不安で苦しくなるときもあるけど、

かかってくる負荷は行動させてくれる指針にもなる。

一人という環境だとなかなか規律を整えるのが、

むずかしかったりするので、とてもいい刺激になる。

期待を裏切らないよう、心を込めていいものを作りたい。

関連記事

  1. 見えすぎる世界

  2. 優しさの加減

  3. 価値観と感性のあいだ

  4. まずは自分から

  5. 慣れ親しんだ世界

  6. 風が吹けば