ラストスパート

時間に余裕のある人は少ないと思う。

みなさん何かしらやるべきことに追われ、特に師走は

世間を覆う空気感がなんとなく忙しない。

共働き、ワンオペ育児も増えてきた。

SNSをチェックする時間、サブスクの動画鑑賞、

時間がなくなっていくライフスタイルに合わせて、

便利で時短なサービスも増えていく。

家で料理を作るという行為も、その流れの中で大きく

変わってきてるような気がする。

小さい子供を持つワーキングマザーが大変だろうと、

一時は夜ごはんのデリバリーなんかも考えたりしたけど、

一人でできることなんか限られてるし、見合う料金を

いただくのもなんとなく心苦しかったりする。

それに問題の根本的な解決になっていない。

国の情勢、社会の大きな流れ、ライフスタイルの変化、

抗えないうねりの中にいて無力感だけが襲う。

どれだけ料理をすることが大事で、みんなでテーブルを

囲みコミニュケーションをすることが幸せなことだと、

声をあげても響きづらいのもまた現実だと思う。

だって時間に余裕がないから。

日本の経済も不安材料ばかり。

がんばって仕事をすることも美徳とされている。

今は特に多くの人が将来に不安を抱えている。

何か新しいことを始めるのにも時間に余裕が必要。

何が悪いということではないけど、きっといろんなことが

悪循環になっているんだろうな。

いよいよこれから一年を通して一番の繁忙期。

まったく時間に余裕のない日々が始まる。

果たして無事に滞りなく料理をお客様にお渡しできるのか。

不安と緊張、時間がゆっくり進んでくれないかと願う。

時間なんてなんぼあってもいいですからね。

関連記事

  1. 相容れない賛否両論

  2. おもしろいことがしたい

  3. 価値の行方

  4. いい塩梅

  5. アートとメッセージ

  6. 表現とは