おでんをめぐる考察

おでんをたくさん作りながら考える。

よくよく考えてみると普通の煮物なのに、みんなが名前を

知っていて寒い時に食べるものという認識になっていると

ころに文化の偉大さを感じさせる。

おでんは日本の定番料理と言っても過言ではない。

定番料理というのは狙って作るはむずかしい。

美味しいと思う感覚は人によってそれぞれなのに、ひとつ

の形に収斂していくのはなぜだろう。

同じように他の定番料理、例えばうどん、お好み焼き、た

こ焼き、なども専門店として成り立っている。

どれも誰かの意図したところで作られたものではなさそう。

長い年月を経てアップデートを繰り返しながら自然と残っ

てきた料理ということは、意識はしてないけど価値がある、

必要とされてる料理と言える。

地理的な環境も大きく左右するけど、こんな料理があった

ら便利だろう、安い材料でお腹が満たせる、とかいろんな

動機が重なって生まれた今なお残っている定番料理の数々

にはあらためて感心してしまう。

もしかしたら今も進化の途中かもしれない。

それは文化づくりとも深く関わっていると思うけど、人の

意思で流れが決まるのではなく、自然淘汰的に形成されて

いる点がとても興味深い。

多くの人が美味しいと思える普遍性を探ってみるのもおも

しろそう。

それにしても、お店のイメージとは違うおでんをやっても

注文していただけるお客様がいることに感謝です。

関連記事

  1. 考え方のひとつ

  2. 発見というお土産

  3. 出張料理レポート

  4. これからの選ぶ基準

  5. 価値が生まれるということ

  6. 気概のはなし