イメージの大切さ

外見は人の印象を大きく左右するひとつの要因。

どれだけ中身がすべてだと言っても、外見から受け取れる

情報がいいものでないと次のステップにも進みづらい。

接客業たるもの清潔感や身だしなみは最低限のレベル以上

に保っておくのが基本なのは当たり前だ。

どれだけ美味しい料理が作れても、不潔な人が作っている

とわかるだけで、それはもう味が変わりそう。

でも、どれだけ身だしなみに気を配っていても、

顔の表情などは練習や努力である程度カバーできるけど、

顔のつくりや人相は先天的なものだから変えようがない。

心から沸き起こるサービス精神があれば、

もちろんそんなことは超えれるし、

絶対的な外見の基準はないけれど、

多くの人が抱く印象を良くないものにさせてしまう顔は

あると思う。

若かりし頃、カウンターごしに対面したお客様から、

裏で丁寧な仕事をしている方が向いていると言われた。

その時は、ぶっきらぼうな物言いだったので、

けっこう傷ついたことを急に思い出してきた。

現在も自覚している。

愛想も愛嬌もある顔ではないことを。

努力をして振り切れば変えられるんだろうけど、

どうしてもそこだけは自信がないのだ。

やっぱり接客に愛嬌は欠かせない。

自分がお客様の立場だったとしても、選ぶことができる

場合は愛嬌のいいスタッフのところに行ってしまう。

それが天性に備わってる人は本当に羨ましく思う。

関連記事

  1. 今後について

  2. 書き続けて

  3. やりたくないことをやらないだけで

  4. まもなく世界が変わる

  5. 意思を育てる

  6. 振り返る大切さ