詩をひとつ

調子が悪い時は本当に何もすすまない。

そんな時に限ってやらなといけないことがたくさんあった

りする。

何もできていない自分に焦るばかり。

2時間くらい考えても何も出てこないので、

感銘を受けた姿勢の正される詩を引用してみよう。
____________________

「自分の感受性くらい」


ばさばさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて


気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか


苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし


初心消えかかるのを

暮しのせいにはするな

そもそもが ひよわな志にすぎなかった


駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄


自分の感受性ぐらい

自分で守れ

ばかものよ

(茨木のり子詩集より)

____________________

また明日からがんばろう。

関連記事

  1. コミニュケーションとしての食

  2. 風景としての街

  3. 全部必要な時間

  4. こだわりと経営の調和

  5. 街をつくるお店

  6. なんのために