言葉が伝える

いくらいいものを作っても
相手に伝わらないと意味がない。
いいものを作る人、伝えるのがうまい人、
この組み合わせはDNAとRNAの関係のように
お互いになくてはならない存在で
ビジネスにおいては最強のコンビだと思う。
いいパートナーや信頼できる人に、巡り合えるかどうかで
勝敗が決まってるかもしれない。
あいにくMEEKはワンオペなので、
この二つのバランスを偏り過ぎずに保とうと
日々、奮闘しています。

いいものを作ることにおいては、
なんとなく職人気質で没頭してて
面倒くさそうな雰囲気はイメージがつきやすい。
伝えるのがうまい人は、
愛嬌があって社交的で、時には嘘をついて
色んな角度から演出して、相手を魅了させる。
当たり前のことだけど、伝える上で重要なのは言葉で
語彙の豊富さや、選び方のセンスは大事だし、
比喩表現を交え、わかりやすくすることも
技術のうちのひとつ。
言葉を大切に扱わないといけない。
その使い方次第で受け取る印象も大きく変わる。
そして言葉を知らないことには思考すらできない。
言葉を持っていることは、人間の特権。
言葉は人間をよりよく営む上で基礎となりうるもの。
自分の気持ちを、正しく相手に伝えるためにも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

レシピなんて

次の記事

わかりやすさの設計