自己嫌悪という種

人生はなかなか思うようにいかない。
営業をしていて時に、自己嫌悪に陥る。
これでよかったのか、
もっとこうすればよかったとか。
お声がけにしても、盛り付けにしても、
味のバランスにしても。
満足してもらえただろうか。
心を動かせただろうか。
毎日とる幾多の食事の中で、
印象を残すためには、記憶に残るには
何をすればいいかを考える。
予約というハードルの高い約束を守るために
緊張感はさらに高まる。
そして時間との闘いは避けられない。
なにがなんでも間に合わせないといけないし、
余裕がありすぎてもパフォーマンスが落ちる。
時間の配分には神経を使う。
予定通りスムーズにいけば気持ちがいいし
自己肯定感を得られる。
うまくいかない時は、すごく反省をする。
そのお客様に次のチャンスがあるなら
必ず挽回しようと思う。
火のないところに煙は立たないように、
自己嫌悪のないところに成長はない。
結果論だけど、だれかに迷惑をかけずに
生きるなんて不可能だ。
奮闘しながらも、なんとか生きようとする。
その方が美しいとさえ思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

情熱をもって

次の記事

人生意気に感ず