丸のような多面体

年齢を重ねるごとに、だいたいの人が丸くなっていく。
いろんな経験がそうさせるし、視野も広がり、
柔軟な発想ができるようになり寛容になる。
自身を思い返してみても、若い頃は調子に乗っていたし、
口が悪く平気で人を傷つけていたし、生意気でしかなく
人としての未熟さが際立っていた。
そんな過去をめそめそと悔いても仕方がないのだけど、
人を傷つけたり、迷惑をかけたりすることで、
そこから学びを得て、次に活かそうと繰り返すことで、
角が取れ丸くなり、成長していく。
と、自分を正当化してる時点でまだまだ未熟ですが。
思春期の行動が理解しがたいものであるように、
ヤンキーたちが世界の中心でいきってるように、
何が最善かの知識がない、知らないことで、
行動の選択肢が狭められてしまう。
誰しも始めから完璧であることはむずかしくて、
経験を通して対処法を知り、教訓を得ていく。
学びがないままだとヤンキーはヤクザになっていく。
学びを受け入れれる器の大きさも大事で、
いくら知識を得ても器が大きくないと許容量に限界がある。
ひとつの物事には、いろんな見方や捉え方があって、
それはもう指では数えられないほど、
人によって意見の在り方は多様多種。
ネガティブに捉え落ち込む人もいれば、
ポジティブに捉え意気揚々とする人もいる。
自分が知ってるだけの世界観を未熟だと知り、
相手の考えや意見に耳をすまし取り入れる。
ひとつの物事の見方を面とするならば、
大人になるにつれ丸くなるということは、
丸というより、角が取れるというより、
知ることによって面が増えていくことによってできる
丸のように見える多面体かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

絵空事からはじめる

次の記事

喜びの核