素人にしかできないこと

同じ環境に長く属していると、少なからず周りの影響を受

けることで、思考や慣習がどうしても染まってしまう。

仕事や技術も型ができてパターンしてしまうと、過去の成

功体験から抜け出せなくて柔軟に変化することがむずかし

くなるケースはあると思う。

ひとつのことを極めるのは素晴らしいことだけど、新しい

視点で物事を捉えにくくなってしまうこともありえる。

常識や価値観は時代ごとに変わっていく。

正解がない時代とか言われるけど、そもそもいつの時代に

も正解は存在しないと思う。

20代の頃は同じ料理でもいろんなジャンルのお店を転々と

したことで、いろんな経験が身についた。

何料理も極めれていない自分にコンプレックスを抱える時

期もあったけど、視点を変えてみるなら今こうして自分の

お店でいろんなジャンルの料理ができていることに活かさ

れている。

もっと細かく分解するならひとつの料理の中にもいろんな

技術を取り入れてることもあるし、食材の組み合わせや発

想の選択肢も幅が広くなっていると思う。

それでも同じ業界に長くいるので、少なからずこうでない

といけない、というような凝り固まった考え方を持ってし

まっていることは否めない。

物事をフラットに見るには何にも染まっていない素人的な

感覚も時には必要で、その気づきに”はっ”とさせられるこ

ともあるから、一概に素人の意見も無碍にはできない。

翻ってグルメサイトの運営なんかは、もちろん今までやっ

たことがないし、文章もマーケティングも素人まるだし。

まだまだ手探り状態だけど視点を変えて見るなら、素人だ

からこそできることもあると信じてやっている。

関連記事

  1. バトンをわたす

  2. 続けたいこと

  3. 曖昧な境界線

  4. 最後の挑戦

  5. おおよそ運で決まる

  6. 悲しみの余波