技術より愛

前々からずっと今までの料理のレシピを

まとめたものを作りたいと思っていて、

いざ言語化していこうとすると、

そのむずかしさに直面してしまう。

何気なく毎日の作業として行っていたことを、

いつもの感覚として身体に染み付いていたものを、

ひとつひとつ丁寧に書き出していく。

誰かに教えるという環境でもなかったので、

すっかりそんな技術を忘れてしまっている。

相手にわかるように伝えるということは、

少し遠回りして考えないといけない。

教えることは学ぶことだと言われる。

自身の経験でも、スタッフ教育や子育てから多くを学べた。

相手の立場になって考えることで、違う視点が見える。

人それぞれに理解度も違うから教え方も変わってくるから、

教え方にも工夫が必要になる。

同じようなことが仕事にも当てはまる。

サービス業に携わっているものならば、

相手に何かを伝えるという技術は欠かせないもの。

教えるのも伝えるのも本質は似ている。

こうすれば必ず伝わるという正解がないから、

それは永遠に答えのないテーマかもしれない。

ひとつ確かだと思うのは、どれだけ技術を磨いても

核となる気持ちや情熱がないことには、

本当の意味で相手に伝わらないような気がする。

いかなる表現活動も伝えてなんぼ、伝わってなんぼ、

まずは自分の想いの中にある愛をしっかり育てよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

主観と客観の翼

次の記事

立ち止まって考える