MEEKの日

3月19日。

もう少し準備に時間をかけたかったけど、

はじまりの日にこだわりがあったので、

晴天の中なんとか無事に再スタートができた。

これからの飲食はイートインの価値が高まっていくと思う。

コロナの影響でオンラインやテイクアウトの需要が

多くなったとはいえ、やっぱり人間の感情が求めるものは、

その時、その場でしか感じ取れない感覚で、無意識的に

そこに心地よさを覚えるのではないでしょうか。

ただお腹を満たすとか、ただ情報を得るということは、

理屈では通じるけど、心の機微を動かすためには 

空気感や温度、瞬間に生まれる息づかいが欠かせない。

情報で溢れてしまった現代社会だからこそ、

情報自体はいつでも手に入るのであって、

体験価値はその場所に行かないと手に入らないという

不便さを伴って定量化できない価値がそこにある。

料理そのものもまさにそうで、食べたらなくなるもの。

料理といっても様々で、旅先であったり、

記念日であったり、非日常な食事の体験は言わずもがな

記憶に残りやすく思い出として語られるけど、

もっとその体験価値は日常にもあると思っているし、

その価値の発見を見出せないものかと目論んでいる。

どんな考えをしてる誰の料理を、どんな時に誰と食べるか、

環境を少し整え、視点を変えることができたならば、

もっと日常的な食体験にも、

新しい価値が生み出せると信じている。

お店と人というのは、当たり前のことだけど、

そこにいるものだし、そこに行けば会える存在だから、

ある意味それを選べるのはとても贅沢なこと。

そんな小さな当たり前になったしまった贅沢を

再確認し、光をあてていく作業の積み重ねが、

きっと食べる価値の見直しにもなるでしょう。

お店という場所で、お客様との対話を通じながら、

自ら手を動かしながら、その価値について考えていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

アップデート前日

次の記事

食べる劇場