いい予感

またひとつおせちが終わった。

緊張が解ける、この開放感は絶大。

もう6回もしているのに慣れない。

気に入ってくれるのだろうか。

満足してくれるのだろうか。

高額な商品だけにプレッシャーも大きい。

作ってお渡しして終わりではなく、

基本的に次の日に食べるものだし、

終わったけどまだ終わってないようなもの。

ひやひやと新年を迎えるのだ。

こうしておせちが定番化しているのも、

楽しみにしてくれている人がいるから。

期待してくれている人がいるから。

料理を通して人と人との関係性が続いていく。

だからこそお店も存在することができている。

気持ちを切り替えてまた次の一年に向けて。

何かが始まる予感がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

節目に向けて

次の記事

meal & dialogue