定点観測

毎日のように公園を眺める。
春夏秋冬、朝から夜まで、晴れの日も雨の日も。
あんなに小さかった子供が、ぐんぐん大きくなっていく。
同じ場所にいるからこそ、わかることがあって、
気付くことがあって、感じることがあって。
今まさに公園という場所に、たくさんの子供たちが救われているように感じる。

外を出歩く子供に対して批判的な大人もいるみたいだけど、
(そうゆう大人はパチンコに行ってたりする)
外の空気ほど希釈されてる空間は他にない。
太陽の光を浴び、駆け回り、適度な運動をすることで、体の抗体も高まり丈夫になる。
近頃の日中は暖かくて、公園に子供たちが溢れていて
いつにも増して、若い生命力のエネルギーをひしひしと感じ取れる。

テクノロジーの進化によるエンターテイメントは
オンラインやバーチャル空間にどうしてもよっていくけど
光や風や土を肌で感じる体験は生き物としても大切で
自然の中で遊ぶ子供の笑顔こそ、とても輝いていて美しい。
どんな未来においても公園は、なくてはならない空間だ。

関連記事

  1. 作り手の心意気

  2. 時には起こせよムーヴメント

  3. 金沢で感じたこと

  4. 解釈のそれぞれ

  5. 手ざわり感

  6. 生存確認のSNS