何度でも

まさに家を出ようとしてた時だった。
轟音、大きな揺れ、砂ぼこり、地面と空間のうねり。
5時46分。
その日は、修学旅行に行く日だったから、いつもより早起き。
生で体感した阪神淡路大震災。
街じゅうがパニックで、幸い周りの人には大きな被害はなく、
自分もパニックだったのか、公衆電話に財布を置き忘れた恥ずかしい思い出がある。

3月11日。
東日本大震災。
遠くの出来事だったけど同じ国として、不甲斐なくも何の役にも立てなかった。
何かしたくても適材適所で、できることが限られてるから
想う気持ちの着地点がなかったりする。
実際、お金が一番、被災した人の力のなれる手段のような気がする。
当時、不意にカーラジオからドリカムの「何度でも」が流れてきた時に、
津波の中で大切な人の名前を叫び呼んだ声と重なってしまい、涙が溢れた。
今でも、この歌を聴くと東日本大震災を思い出す。

震災だけではなく、自然災害の多いこの国で、
たくさんの犠牲者が残してくれたもの。
それは同じことを繰り返さないための教訓や備えや意識だと思う。
今の私たちはその犠牲によって生かされてるとも言える。
人間は忘れがちな生きもの。
何度でも、思い出し反芻し行動しないといけない。

関連記事

  1. 街をつくるお店

  2. よく観察する

  3. 食べる劇場

  4. 無理するしないの境界線

  5. 正義とは

  6. 終わりなき欲の果て