選んだ道を整えていく

人間にとって不安はつきもの。
何か新しいことを始める時は、失敗したらどうしようという不安が頭を覆う。
MEEKオープン当初のメニューは、恥ずかしながら
お好きなデリ4種とごはんのランチボックス800円のみ。
単品メニューやコーヒーは用意してたものの、柱となるメニューは一つだけ。
今思うと料理のクオリティも盛り付けも稚拙で至らない点ばかり。
そんなレベルのお店をオープン当初から今も応援してくれてるお客様を思うと
感謝しても感謝しきれないくらい感謝しています。
当時はメニューが一つだけとはいえ、オープンする前は思考をフル回転して
辿り着いたベストの答えのはず。
その時にわからないことも、実際に新しい環境に身を置いてみてはじめて
改善しないといけないことが見えてくる。お客様の声も聞きながら。
次第にランチボックスの種類が増え、パーティーメニューが増え。
パーティーメニューも当初は、ローストビーフとキッシュのホールだけ。
パーティーにもならない中途半端さよ。
そして現在は完全予約制。

手を動かしながら試行錯誤し、今求められるベストな解を探る。
漫画や脚本、物語を作る仕事の多くは、着地点がなく、やりながら軌道修正していると聞く。
これから正解のない時代に、正解を探すのに迷ってる時間より、まず道を選び、
たとえ結果がすぐに出なくても、その道を整えながら少しでも進んでる実感をもって歩んでる方が
遠くに行けるような気がした。

関連記事

  1. 孤独との戦い

  2. そういうシステムからの脱却

  3. 何度でも

  4. リアルな現実

  5. 不確実な道の先

  6. 受け取る側の感性