タイプの問題

完全予約制にして、約3週間。
わざわざひと手間をかけて、予約をしてくださるお客様へは感謝の気持ちでいっぱいです。
反対に、まだ認知されてないお客様へは、お断りする局面が多々あって
目当てに足を運んでくれてたらと思うと、心苦しい限りです。
確実に、今までふらりと立ち寄ってくれてた人たちを見ないようになった。
予約をする、というハードルの高さを実感してると同時に、
予約をしたいけど予定の組みづらい生活スタイルの人と、
予約をするのが、めんどくさいという理由でしない人がいると思う。
前者は仕方ないけど、後者は自分がそうなので割と気持ちがわかる。

計画をしっかり立てて人生の歩みを進める方が、無駄がなく効率が良く
時間の余裕も心の余裕も得られて、メリットでしかない。
でも人間は選択することにとてもエネルギーを使う。
ただでさえ情報が多い現代において日々取捨選択を繰り返す中、
いち食事の選択にまでなかなかエネルギーが回ってこない。
もしくは個人の優先順位の問題かもしれない。
食事をどれくらい大事にしてるか。

いずれにせよ、予約をする人はするし、しない人はしない。
もうこれはタイプの問題でもある。
でも、しない人をする人にするため、負荷のないよう少しでも移行できるように、
言葉を選び伝える努力はしていきたいと思いました。
その方が人生いろいろお得だから。まずは自分から。

関連記事

  1. いいものを作るには時間が必要

  2. つまるところ人の魅力

  3. 人に対して普通という言葉を使うことへの違和感

  4. 戻れないことがある

  5. デリバリーの不都合

  6. 選択と承認