時間は流れ 花は咲く

桜は春に咲く。
それ以外にも多くの木々や花が一斉に芽生える。
この時を待っていたかのように。
1年が365日ってことを知っているのでしょうか。
しかも、世の中の空気が悪いところへ、勇気をつけてくれるように。
人間も同じで、この季節は外に出たくなるし、気分が高まる。
命あるものとしての循環がもともと備わっているようだ。

桜で言うなら、ほんの数日で花は散ってしまう。
残りのほぼ1年は土の中で静かに生きる。
誰に注目されるわけでもなく。
でも、必ず花が咲くという循環が生きものに備わっているならば、
人だって同じ生きものとして、その時期は必ずあるわけで、
たとえ、どれだけたくさんの時間が流れようとも
その人の人生にとっての、花が咲くような時がいつか来ると思っています。
時間は止まらないから、今できることは栄養を蓄えて待つこと。
その栄養が何かを知る努力をすること。
自分に言い聞かせてます。

関連記事

  1. 挨拶ができること

  2. 幸せの共通認識

  3. 時代の転換点

  4. かしこくなっていくお客さん

  5. 無理するしないの境界線

  6. 不安としあわせ