緊張と緩和

いろんな業種にとってのシーズンがある。

春は不動産、夏はレジャー、冬はスキー場が忙しい。

飲食業界のピークは年末でしょうか。

2月と8月は暇な時期と言われたりしてます。

サービス業のは多くの人が関わってるので、

シーズンに合わせて人を調整するのが大変だったり。

当店は公園をターゲットにしてることもあり、

春と秋はやっぱり公園に人も多く賑わいを見せる。

ただ人を調整するもなにも一人でやってるので、

気持ちを調整することが必要になってくる。

やるべきことが急に多くなると、

お客様への対応が遅くならないようにと神経を使うし、

段取りや準備にかける時間も必然的に増えるから、

年末に向けて集中力が徐々に高まっていく。

1日という単位で見ても時間帯によって、

忙しい時と忙しくない時があるように、

人は緊張と緩和があってこそ、

うまくバランスが取れてるかもしれない。

大変な仕事があってこそ、休日が楽しみだし、

我慢があるからこそ、開放感が高まるし、

辛いことがあるからこそ、喜びを感じられる。

だからと言って大変な時に、後でいいことがあるからと

前向きに捉えるより、大変な時は大変な時で、

その環境を真剣に受け入れないといけない。

そうしないと緊張と緩和の効力が弱まってしまう。

人生はよくできているものだ。

関連記事

  1. 私にとっての哲学

  2. 続けたいこと

  3. 身近にある美味しさ

  4. デリバリーの不都合

  5. ソーシャルグッドなこと

  6. I’m staying in London