関係性ディスタンス

ソーシャルディスタンスって曖昧。
距離的なことも、関係性的なことも。
確かに気をつけろと言われると、意識はしてしまう。
一定に距離はとりつつも、場所によっては
近づかざるをえない時もあるし、やっぱり曖昧。
過度に反応しすぎではと思うこともあるけど、
あまり声を大きくして言えない空気感。
飲食業界をもちろん、まだまだ苦境に立たされている
業界もたくさんあって、終わりの見えないことが
よりいっそう疲弊させる。
じゅうぶんなほどにマスクや手洗いやアルコールが
習慣になりつつあって、このままその世界が
当たり前に向かうのか、また前のように戻るのか、
という議論の中で、戻らないとは言われてるけど、
明確に見えるものがなくて、何をしたらいいのか、
どこまでが最悪のケースを想定すべきなのか、
考えはするけど、頭の中は今もすっきりしない。
家族と近い距離で過ごすのはよくて、
友達や恋人はどこまで距離をとらないといけないのか。
どんなことがあるにせよ、
ある基準で何かが分断される時、関係性って大事だから、
普段から心で繋がってる距離感というか、
安心感というか、信頼感を意識しておかないといけない、
と思った。

関連記事

  1. 次第にわかっていくこと

  2. 経営失格

  3. モノも電気も

  4. 一隅を照らす

  5. 美しさと怖さ

  6. センスの軸