霧の中、渦の中

雨のせいかもしれないけど、街に活気はなく、
飲食にせよ小売にせよ、いろんなお店が迷いの中で
先の見えない不安と戦い、決断に躊躇してる様子が
自分も含めて、ひしひしと感じられる。
閉店を決めたお店も身近にちらほらあらわれたり、
奮闘してるお店も、静かなお店も。
人々の意識はまだまだ霧の中にあって、
行動様式も徐々に変わってきていて、
それに慣れてきてもいて、
ゆっくりとサプライチェーンを蝕んでいく。
お店がなくなっていけば、生産者も困るようになる。
アマゾンが街から本屋さんを奪っていったように、
必然で泣き寝入りになってしまうのか。
世の中が大きく変わろうとしている中で、
なかなか明確な指針や答えは見つからない。
そんなことはお構いなく、
その間にも機械化や冷凍技術はどんどん進み、
コンビニにもたくさんお惣菜が並ぶようになったり
手作りとの味に区別がつかなくなってきている。
お店側はこれからどこに価値を上乗せしていくのか、
どうコミニュケーションをとっていくのか、
イノベーションとテクノロジーへの理解の仕方で
明暗が分かれるような気がする。
そんな渦の真っ只中、今日も定位置で足踏みをして
1日が終わっていく。

関連記事

  1. ぼんやりと不確かさの中で

  2. 電話と優しさ

  3. 心を動かす要因

  4. 手放すイニシエーション

  5. 不確実な道

  6. 変化と安定