味が変わる要素

人と話しをするのが、あまり得意でない。
そんなこともあって、テイクアウト専門店として
始めたという経緯もあるくらい。
なので、お客様と話す時間はちょこっとなので、
一日を通してほとんど口を開かないことになる。
だけど今は、イートインで一日一組限定の
パスタランチをしてるので、普段よりも
お客様と会話をする機会が必然的に増える。
慣れないことなので、始めはすごく緊張するけど
いざ話してみると、なかなかにおもしろい。
人は当たり前にみんなそれぞれに違っていて、
常識や意見や主張や悩みも千差万別。
話しを聞くといつも新しい発見があるし、
その人の考え方に触れることで、
学べることや吸収できることがたくさんある。
苦手意識は時に、可能性を奪ってしまうこともあるけど、
解放した時の吸収力はとても大きいような気がする。
飲食店のメインは食べものであることは間違いないし、
その食べものでお店の評価をされるのも間違いないけど、
交わした会話や築いてきた関係性も大事で、
その食べものの味にも大きく影響を与えると思っている。
チェーン店ではまかり通ったマニュアルの中で、
スタッフとの会話も画一的になりがちなので、
その点でいうと、個人店のようにお客様に合わせて
臨機応変に対応できるのは、大きなアドバンテージ。
料理の味は、会話や関係性によっても変わっていく。
そう信じています。


関連記事

  1. 久しぶりの料理

  2. ケーキ作りから学んだこと

  3. 第三者として

  4. いいものは自然とめぐり合う

  5. 目的のない出会い

  6. 知らない幸せ