身近にある美味しさ

チョコレートの一年の消費量のうち約20%が、バレンタ

インデーたった一日で消費されるらしい。

飲食ビジネスは文化や行事と密接にむすびついて、

それがあることで業界が成り立っているところもある。

作る人たちは大変だけど。

いろんな名前のついた記念日があるように、

自社の商品を売りたいからとみんながんばっている。

扇動されているのか、意識的に選んでいるのか。

たしかに何かの日、と言われると気持ちは少しかたむく。

今は特にいろんなことが制限されている状況で、

多くの人にとって食べることは一番身近にある幸せだ。

できることならだれもが美味しい料理を食べたいと思っ

ている。

昨今の外食離れに追い討ちをかけるように、

調理家電や冷凍食品の技術も進み、お家で美味しい料理を

作る人も増えてきた。

長く料理をしてきたのと、歳を重ねたことで思うのは、

そんなに手を加えなくても、自然の味が一番美味しいとい

うこと。

素材の良さは大前提で、塩を振るだけで十分だったり、

味噌や発酵が作ってくれる味わいだったり。

究極、人間の手を加えなくても料理は成り立つのだ。

一番身近にある美味しさにあらためて敬意を払うと、

自然の大切さに気づける。

死ぬまで付き合うことになる食べるということ。

美味しさを感じれる感性と、健康で丈夫な歯は持っておき

たい。

それはとても幸せなことだから。

関連記事

  1. 定点観測

  2. 能力の差分

  3. センスの軸

  4. 価値観と感性のあいだ

  5. 慣れないこと

  6. 知れば知るほど