心の隙間

完璧な人間はいない。

いいところ悪いところ、誰だって合わせ持っている。

見えてるか見えてないかの違い。

容姿や地位や名誉やステータスで人間の価値に優劣をつけ

る人は、きっと教養が足りていない。

現代の正しさは現代だけに通用する価値観にすぎない。

多様性、LGBTQの理解も世界的に進んでいて、

少しは楽に生きれる人も増えてきたように思う。

発言しやすい社会になってきている実感もあるし、

それを受け入れてくれる社会にもなりつつあるなと感じる。

本来なら全員に等しいチャンスがあっていいはずだから。

それでも人間は完璧にはならないだろう。

人生うまくいっているような人がいたとしても、誰にだっ

て等しく心のどこかに隙間はあるものだ。

その隙間を埋めるように人は繋がりを求め、互いに共感し、

ストレスを発散する。時にルールからはずれる。

ある意味みんな等しく危うさの中に生きている。

それくらい心をふかふかに満たすことはむずかしいことで、

技術の習得や訓練が必要になってくる。

哲学や芸術、知識だけ詰め込むのではなく、実践をして

失敗をして経験も積んでいかないといけない。

ストレスも根本となる原因を解決しないと堂々巡りのまま。

誰かのアドバイスではなく、結局は自分自身で気づくこと

でしか心の隙間を埋めれないんだなとつくづく思う。

人の心の弱さは初期設定、みんな一緒、みんな公平。

なにも強くなくていい、やわらかでしなやかがいい。

時間が必要なら時間をかければいい。

心の隙間を埋めることにエネルギーを使うより、心には

初めから隙間があるということに気づけると楽になれる。

関連記事

  1. 役割を知る

  2. みんな本当は人間

  3. 自己満足という居場所

  4. わかるを増やしていく

  5. こうでなければならない問題

  6. 書き続けて