節目に向けて

そろそろ年も変わるころ。

地球はいつものようにただ一回転するだけなのに、

人間たちだけなんだかせわしない。

それでも何かしら節目があることで、

気持ちの切り替えができるのはいいことかもしれない。

何かしらないと動けないのもまた人間だ。

クリスマスが終わってすぐにお正月。

その次は巻き寿司を食べてチョコレートを食べて。

勤勉な日本人はきっと好んで忙しい文化にしている。

そんなタイトなスケジュールの中で、

おせち作りに意識の切り替えをして準備に励む。

多くの人が一年で最も華やかな食事をする機会。

大切な日にたくさんの誘惑がある中で、

当店を選んでくれていることに最大限に感謝をして、

お客様の期待に応えれるように集中するのみ。

特に有名なレストランで修行をした肩書きなんてないし、

決して極めたような技術は持ち合わせていないけど、

お客様のことを想像して思いを巡らすことはできる。

むしろそれしかできないけど、

それだけで今までなんとかやってきた。

そのことを理解してくれているお客様がそばにいることも

十分にわかっている。

いつもありがとうございます。

あと少し、一年の集大成。

悔いのないように自分の役割を果たすのみ。

次はすべてが終わったあと、大晦日に。

関連記事

  1. 記憶との向き合い方

  2. フードロスのこと

  3. まだいけるはず

  4. 写真にしか残せない風景

  5. 楽しみにしていること

  6. 底辺職業