余白こそが未来

お正月は何かとやるべきことが多くて忙しい。

初詣に帰省に人付き合いに新年の挨拶に。

せっかくの休みなのに、みんなせわしなく動いている。

文化や風習を守り、伝統を重んじることも大切だけど、

自分の人生の時間を、自分の求めていないことに

費やすことは少し心に負荷がかかるもの。

こうするもの、として思い込んでしまっていたら、

そこに違和感すら感じないのかもしれない。

忙しいとどうしても余裕がなくなってしまう。

時間もお金も心もワンセットで余裕がなくなってしまう。

自分自身の経験からもそう言える。

便利で快適な世の中になってきているのに反して

人が忙しくなっているのはほんとに不思議な現象。

それほどまでにIT企業が人間の行動心理を巧みに使って、

可処分時間の奪い合いを繰り広げている。

自分の人生にとって何が大事なのか。

人それぞれ違うものだし、自分にしか見つけれないもの。

それを見つけるためには余裕が必要なので、

意識してその時間を作らないといけない。

やっぱりどこかに余白がないと、

新しい考えや発見の入るスペースがなくなってしまう。

今多くの人が余白を求めているから、

サードプレイス的な場所に需要が集まっているのも事実。

何もしない自分だけの時間、大切だと思います。

関連記事

  1. モノも電気も

  2. メイクセンスするとき

  3. 一隅を照らす

  4. 味の記憶

  5. 心の豊かさに向かう

  6. だれのための時間か