meal & dialogue

あけましておめでとうございます。

今年の抱負と言ってしまうと、達成したかどうかが

問われることになるから、そういうことではなく、

人生の中心にある継続して考えていきたいテーマとして

”食事と対話”という言葉を意識していきたいと思っている。

食事と対話するのではなく、食事を軸として

人と人が言葉を交わし合うというニュアンスで。

コミュニケーションツールがネット上に移行したことで、

人と実際に会って話す機会が少なくなった。

時代の流れなので決して悪いことだとは思っていないけど、

便利さが奪う大切さはトレードオフの関係なので否めない。

でも、どこまで進化しても人と人が良好な関係でいるため

には、対話することが重要な鍵であると信じてやまない。

小さな喧嘩から大きな戦争まで、ほんの少しのすれ違い

から生まれる争いは、きちんと話し合えていないことが

意外と大きな原因だったりするのではないだろうか。

そのためには自分の言葉を持たないといけないし、

相手に伝える努力もしないといけない。

現代社会が抱えるストレスの大半は、何でも話せる人が

少なくなってきてるからだと感じている。

ネット上ではどうしても自分を大きく見せてしまいがち。

足るを知る。

自分の身の丈に合った振る舞いはけっこう大事なこと。

大きなテーマかもしれないけど、ひとつ可能性があると

思えるのは、食事をすることが対話をするきっかけに

なる大きな要素だから。

料理ができてよかったなと今さらながら思ったり。

たくさんの人に届けることはできないけど、

お店と関わる人が少しでもよりよく生きれるなら、

こんなにうれしいことはない。

この着想はグルメサイトの活動にもつながっている。

ということで今年の抱負ではなく今年のテーマは、

食事と対話。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 無理するしないの境界線

  2. 生き方としてのカッコよさ

  3. 小さな社会

  4. だれから買いたいか

  5. 慣れのよしあし

  6. ぼくの料理観(後編)