夢と欲

人間にはみんな欲がある。
欲があるこそ人類は進化してきた。
そして欲には際限がなく中毒性があって、
手に入れても、手に入れても、もっともっと欲しくなる。
生理的な欲求である、食や性や睡眠は仕方ないとして
お金や名誉や地位や承認は人間が作った幻想に過ぎない。
どうしてすでにあるのに、もっと欲しくなるのか不思議。
欲は良い側面もあるけど、人をダメにもする。
欲望にまみれた世界は、どこか息苦しく
ついつい引っ張られそうになる。
欲をうまく制御できるかどうかは、
幸せとも密接に関わってると思います。

子供とかによく夢を持とうとか、
好きなことを仕事にしようとか、
将来何がやりたいかを聞いたりするけど、
夢という言葉は、あまりにも大きくて漠然としてて
よくわからないものだったりする。
でも夢も分解すれば欲の集まりで、
こうなりたい、や、あれがしたい、が
合わさったものと見るならば、
子供にも理解しやすいのではないかと思うのです。
大きな目標も大事だけれど、
まず身近にある小さなできることを増やして
自信をつけていけば、いつの間にか大きなことが
できるようになってたりする。
大きなことを成すためには、
小さな積み上げの結果でしかない。
と、自分にも言い聞かせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

慣れ親しんだ世界

次の記事

だれのためなのか