多様性とバランス

女性の社会進出も増え、
ずいぶんと男性も家事や育児に参加するようになり、
社会はいい方向に進んでいるものの、
まだまだ高齢者に権力がある土地柄などでは、
昭和的な価値観が残っていて若者たちを困らせる。
インターネットにおけるグローバル化の恩恵か、
性別や国籍や人種や年齢などの目に見えるものから、
目に見えない価値観や宗教までの垣根を越えて、
どんどん多様性が浸透してきている。
人は当たり前にみんな違う。
生まれた場所も、育ってきた環境も、選んだ親も。
合う人もいれば、合わない人もいる。
多様性だからといって、全部を受け入れるのは
ちょっと荷が重いから、批判するのではなく
そこにいていいことを認めてあげる程度にして
相手を理解し協力していけばいいですよね。
ネットのない時代は、
限られたコミニュティでしか、繋がれなかったから
依存先も必然的に少なかった。
その分、相手に求めることも多くなり
あきらめや生き苦しい側面もあったように思う。
そう考えると今はとても楽に生きやすくて、
選択肢もコミュニティもたくさんある。
色んな顔があったっていいし、
依存先もたくさん作ればいいし。
求めすぎずに、リスクを分散させる。
多様性な社会をよりよく生きるコツは、
どこで気を張って、どこで気を抜くかの
バランス感覚にあるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

アンサングな人たち

次の記事

心と体と