余白をつくる

普段あまり予定を入れないようにしている。
たくさんのことを同時に処理するのが苦手なので、
予約でも急に重なって受けるといっぱいいっぱいになる。
詰め込みすぎて、行き届かなかったり、慌てたり、
おろそかになったりしたくない。
仕事において、信頼を損なうようなことはしないけど、
無理そうなら、前もって予防線を張っておく。
タイプの問題かもしれないけど、
無駄に忙しい今の現代社会で、心の余裕や時間の余裕を
無理をしてでも作らないと、消耗するばかりで、
余計に生産性が悪くなるような気がする。
なんだか予定を入れてないと気が済まない人もいるし、
忙しくしてる自分に満足してる人もいる。
海外の優良企業でも、瞑想やマインドフルネスを
仕事の一部として取り入れてるほど、
余白をつくるその重要性は注目されている。
実際、何も考えないという行為は意外とむずかしくて、
だれしも常に何かについて考えている。
自己と向き合う余裕もなく、周りに流されていく。
何をもって幸せなのかは、自分が決めることだし、
自分の中にしかないものだと思うので、
一人になれる時間を確保することは、
人生のパフォーマンスを上げるうえでも、
大切だと思います。
時間はみんなに平等で有限で命そのもの。
無理をしないで、何がほんとに大切かを見極めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

だれのための時間か

次の記事

絵空事からはじめる