知らないよりまし

近い将来に世界人口は現在の77億人から、
2050年には、97億人になると予測されている。
人が多くなると、食料もその分必要なのは明白。
現在地球上には、豚が10億頭、牛が15億頭、
鶏が5000億羽も家畜化されている。
それに対して、ライオンが4万頭、象が50万頭。
この圧倒的な差は、もはや人間が動物を
生きものとしてではなく、食肉、牛乳、卵を生産する
機械として進化させているということ。
それでも実態は、供給の方が上回っていて
家畜の成長を早くするために、抗生物質やビタミン剤を
使って、ありえないスピードで体を大きく育てる。
育てるにも土地や水や飼料など膨大なエネルギーが必要。
今ですらお手上げ状態なのに、人口が急増すれば、
食肉の希少価値は高まり、値段は確実に上がっていきそう。
そんな現実を懸念し、世界は食の問題をテクノロジーで
解決しようと、盛んに動いている。
植物性プロテインや、培養肉や昆虫食、
火を通せば卵になるような液体もできている。
まだまだ抵抗しかないけど、食べるものがないなら
受け入れないといけない日が、いずれやって来る。
現在の加工食品や冷凍技術は、健康にも気をつかって
体に害のないものができているのに、
どうしても罪悪感を感じてしまうのは、
思い込みの強さのせいもあると思う。
今は情報の精度が曖昧になってきてるけど、
まずは耳を傾け知ることが大切で、その上で
自分のスタイルを確立できたらいいですよね。
何事も知っておいて損をすることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

これからの定番料理

次の記事

風が吹けば