楽しかったこと

4周年記念のパスタランチが終わった。

1日1組2名限定にしたのは、おろそかにしたくないから。

とはいえ、人見知りでコミュ障なもので、

知ってる人でも、毎回のように緊張していた。

でも実際にやってみると、もっと話したかったような

変な心地になってしまうのである。

普段はほとんど一人なので、口を開ける機会もないから

たまに話をすると、うまく話せるか不安になる。

ほんと上手に話をできる人が羨ましい。

1対1で作る料理は、周年イベントを考慮しても

採算なんてまるで合わないけど、

やっぱりお客様の満足度も高いし、

自分も目の前のお客様に集中して作れるから

余計な雑念が入ることなく向き合えるのは性にも合う。

全部出来立てが美味しいとは限らないけど、

温かい料理を、一番美味しい状態で

食べていただけることは、作り手も嬉しいし

お客様もきっと嬉しいはず。

その場に行って食べる臨場感や体験が、

このコロナ禍においては、忘れがちになっているけど、

お店に行って食べるという行為を通して、

お腹を満たす以外の楽しみがいくつもあることは

忘れてはいけないと思う。

お客様同士の会話もおもしろいし、

お客様との会話もおもしろかった。

普段、味わえない体験をこちらがさせてもらったような

感覚でとても楽しかったです。

ほんとはこういう対面での料理提供を

やりたいのかもしれないけど、やっぱり緊張する。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

本が好き