丁寧のジレンマ

要領よく生きれる人が羨ましい。

さくさく仕事をこなしたり、上手に収入を得たり。

真面目になりすぎず、要所要所で手を抜いたりすることも

大切だとわかってはいるけど、なかなかうまくできない。

もともと備わってる性質は、少々のことでは動じない。

人の数だけ性格はみんなばらばらで、生まれも育ちも

違うから、いろんな人がいて当然。

周りからちやほやされる性質が、正解とは限らないし

変わる努力も大事だけど、自分の特性を探求してよく知り

持ってるものをどう活かせるか考えることも大事だと思う。

自分のことは知ってるようで知らないこともあるから、

周りの客観的な視点も参考にすると、

意外と知らない自分に気づくことがある。

自分の仕事は丁寧だと自負している。

だからひとつひとつの作業にすごく時間がかかってしまう。

適当にしたくてもできないのである。

公園の前にお店を構えておきながら、

たくさん作れるわけじゃないし、予約制だしで、

お客様を裏切ってるかもしれないけど、

こんな性格だとわかってくれてるからこその

評価であることも重々わかっているからもどかしい。

完璧で天才な人はわずかにいるとしても、

ほとんどの人、きっと世渡り上手な人にも悩みはある。

どう捉えて、どう認識して、どう活かすか。

まだまだ諦めてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

褒めの本質

次の記事

緊張と緩和