記憶に残る人

4年もお店を続けていると、有り難いことに

たくさんのお客様に利用していただいている。

テイクアウトなものだから、実際に顔を合わせない方にも、

商品は届いていることになる。

その中でも、記憶に残る人は何が他と違うんだろう。

オープン当初は気持ちが張っていたから、

顔を覚えようと必死だったし、来てくれるお客様に

感謝の気持ちも大きかったので、強く印象に残っている。

長く応援してくれていること、本当に感謝しています。

適度な頻度で利用してくださるのも覚えれる要因。

SNSで毎度欠かさず、いいねを押してくれる人も、

ほんとに有り難い気持ちでいっぱいです。

ちゃんと誰が押してるか見ているし認識しています。

ハプニングがあった時も印象に残りやすいですね。

お渡しするのが大幅に遅れてしまったり、

何か間違えてしまうことがあったり。

マイナス要因の方が、次に挽回しようと思うから、

余計に覚えようと意識が働く。

つらつらと書いたのは、言っても直接的な原因があって、

簡単に分析ができることばかり。

不思議なのは、言い方が悪いかもしれないけど、

そんなにご利用の頻度が少ない人でも、

しっかり記憶に残ってる人たちがいる。

好みのタイプとかではなくて。。

そしてその人たちは、例外なくお店のことを

強く応援してくれる人たちばかりという奇跡。

心の周波数が似ていて、振動し合っているのかもしれない。

気持ち悪いことを言ってたらすみません。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

得意と好き