思いを馳せる

この仕事をしていると、師走の忙しさには慣れている。

いわゆるクリスマス的な楽しみをしたことがないし、

繁忙期はもっぱら仕事の日々だった。

サービス業は、一般的に多くの人が休日の時に働き、

多くの人が楽しめるようにするための裏方の役割。

ちなみに人混みが苦手だから、平日休みの方が嬉しいし、

混雑や渋滞でロスをしてしまう時間が惜しいし、

テーマパークや繁盛店の行列も理解できない。

休日を楽しむ人と、その人をサービスをする人で

世の中がバランスよく成り立っている。

同じように、いろんな仕事をしている人がいるおかげで、

地球上のみんなの生活が成り立っている。

自分のやりたいことを仕事にできてる人もいれば、

生活のために仕方なく仕事をしてる人もいれば、

まだまだ強制的に劣悪な環境で、

仕事をさせられてる人もいるだろう。

自分のやりたいことを仕事にしよう、なんて言葉は、

あまり軽々しく言えたものではないと思う。

全員がやりたいことをしたらバランスが崩れてしまう。

ゴミを集める人がいたり、物を運んでる人がいたり、

深夜に働いてる人がいたり、今は特に医療関係などは

死と隣り合わせで働いていて、必ずしも望んだ道に

進んでいないであろう人たちが仕事をしているおかげで、

みんなが生きていられる。

それぞれが社会の一部で、それぞれに自分の役割がある。

いろんな仕事をしている人を見たり接する機会があると、

よく思うんです。

その仕事のやりがいってなんだろう、とか

楽しく働けてるのかな、とか、幸せなのかな、とか。

人に対して興味が出てきた今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

孤独との戦い

次の記事

声のちから