大人の責任

今日は高校一年生の子が手伝いにきてくれました。
なかなか新鮮な体験です。
人生で初めてアルバイトをした思い出を奪ってしまいました。
若者の間で何が流行ってるかの事象よりも、なぜそれに興味があるか、どんな風に考えているのかの方に関心があります。
進路の悩み、物欲のなさ、周りの影響、話を聞くと時代性を感じました。
やっぱりまだまだ狭い地域の狭い社会の中でしか生きた経験がないので、どうしても視野を広く捉えるのは限界があります。
学校教育も昔とそんなに変わっていないなという印象でした。
でもしっかりとした考えを持った子で将来が楽しみです。
過去を振り返ってみてもしっかりした自分はどこにも見当たりません。
若いってそれだけでエネルギーが溢れている。
ほとんどの人が大人になっていく過程で、いいことも悪いことも慣習にならうようになって純粋さが失われていきます。
純粋さが100%でも生きるのは大変なので、ある程度は何かを諦めながら成長していくわけですが、その選択を教えるのは大人の役目だと思いました。
多感な時期をどんな環境で過ごすか。
周りにいる大人たちとの関わり方次第で、その後の人生にも大きく影響しそうです。
なのでしっかり責任を感じながら若者たちと関わっていきたいと思います。

関連記事

  1. こい願わくは②

  2. いい人であるために

  3. 知れば知るほど

  4. 作ってもらう料理

  5. 適していることがすべて

  6. 表現とは