矛盾のないストーリー

また行きたくなるお店ってなんだろう。

人におすすめしたくなるお店ってなんだろう。

二度と行かないであろうお店は、

なんとなく明確な理由は見つかる。

人それぞれに好みはあるけれど、

いいお店の条件ってなんだろう。

これだけお店がたくさんある中で、

何度も選ばれるためには、何かしら抑えておきたい

ポイントのようなものはきっとあるはず。

もはや美味しい、なんて当たり前、大前提。

価格と満足度、コスパの良し悪しもシビアな世界。

空間や雰囲気、居心地の良さ、センスが大事。

サービス、気配り、愛嬌、人とのコミニュケーション。

雑誌やテレビで紹介されたから、流行ってるから、

好ましくないけど否めない事実。。

どれかが極端に欠けてもダメだし。

どれかが極端に突出しててもダメだし。

要するに、総合的なバランスが大事なんだと思う。

例えば、インテリアひとつにしても、

お店の雰囲気に合ってないと違和感があるし、

高級なお店で、清潔感のない人が働いてるのは嫌だし。

全体が整ってる、統一感があるというのは、

うまく表現できないけど感覚的にとても重要だ。

お店というのは、人が考えてつくるもの。

そこにはお店の数だけ各々のストーリーが詰まっている。

そのストーリーテリングに矛盾がないかどうかが、

いいお店の条件なのではないかという考えに行き着いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

食べものは残らない

次の記事

好きな食べもの