好きな食べもの

食べものにおける発明で麺類ほど、

全人類に浸透しているものはないだろう。

日本では、うどん、蕎麦、そうめん、焼きそば、

ラーメン、パスタ、冷麺、ビーフン、フォーなどなど。

うどんや蕎麦は不動の人気で、当たり外れが少ないから

旅先でもついつい立ち寄ってしまう。

男性ならラーメン、女性ならパスタ。

この分類も不思議といえば不思議。

麺類は食べるのも手軽だし、作るのも手軽で安価だから、

特にランチでの需要が多いのは納得がいく。

時代に左右されない普遍性で万人にも受けて、

シンプルを極めていて、麺類をとても尊敬している。

個人的にどの麺類も好きだけど、中でもパスタが一番いい。

前職でもパスタ好きが高じて、パスタ屋さんで長く勤めた。

うどんや蕎麦よりも毎日食べれるのが不思議で、

それは味のバリエーションの多さでもないような気がする。

どうしてパスタなのか未だにうまく説明できないでいる。

出汁における昆布と鰹節のように、にんにくと唐辛子の

組み合わせは、この上ない相性でただただ感服する。

合わせるソースにもよるけど、ラーメンよりかは

はるかにヘルシーなところもいい。オリーブオイル最高。

パスタと言っても総称だから、スパゲティをはじめ、

マカロニやラザニア、名前のわからないものまで幅広い。

その中でもパスタと言えばやっぱりスパゲティ。

シンプルイズベスト。丸い断面が愛おしい。

今日は昼も夜もパスタを食べてしまった。

そんなにパスタが好きなのに、なぜお弁当屋さんをしたのか。

関連記事

  1. 暇な日

  2. リアルな現実

  3. その一言で

  4. あたたかさのようなもの

  5. こだわりと経営の調和

  6. たまにある試練