弱さこそ強さ

わらび餅を売る車が、アナウンスをしながら、

お店の前の道路をすごい勢いで通り過ぎる。

本気で売る気があるのだろうか。

いまどき買う人がいるのだろうか。

どの市場で勝負するかを見極めるのは、

何をやりたいかよりも重要な気がする。

どれだけサツマイモの美味しさを伝えたくても、

石焼き芋を車で売るのは間違っていると思う。

市場全体で考えると、飲食業界も厳しくなってくる。

コロナの影響も大きいし、そもそも人口減少だし、

ニトリのような大手が参入してくるとなると、

二極化は激しくなるばかりでしょう。

流行やトレンドを追う、というのではなくて、

成長市場を予測する感覚は、決して無碍にはできない。

でも時代の読み方なんて誰も教えてくれない。

恐竜が滅び、人間が生き残れたのは、

人間に環境への適応能力があったからで、

恐竜のように強すぎては変化に対応できない。

柔軟性を伴う弱さも上手に使えば、強くなりうる。

コロナや気候変動、地球の環境破壊など、

もとをたどれば人間のエゴが引き起こしてること。

利権や立場を守るために、見て見ぬ振りをする。

豊かさや便利さが考えることを忘れさせる。

もう後戻りができないほどに、大きなうねりが

やってきていることに気づきたい。

危機感は考えるためのいいきっかけにもなる。

生き残るためには何をしないといけないのか。

その答えは簡単に見つかるものではないけど、

抜け道は必ずあるはず。

概念をほぐして、常識を疑い、環境に適応していく。

弱いからこそできることがきっとある。

考えて考えて積極的に生き残っていかないといけない。

そんな話を今日、お客さんとした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

記憶の充実

次の記事

美味しさの伝え方